2010年11月28日

題詠blog完走(たざわよしなお)

今しがた、100首を終えました。
今年は、出たお題がむつかしかった! 普通に詠めば凡庸には扱える言葉なのに、
何か捻ろうかと思うとなかなか思うように揺らがない。それは、言葉のせいなのか
年々コンサバ化してゆく自分の脳みそのせいなのか、と悩みつつ、今年も参加
させていただきました。企画の五十嵐さま、他出走者の皆さん、今年も
ありがとうございました!
posted by たザわよしなお at 16:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

100:福(たざわよしなお)

約3100文字の旅を終えよう。いちご大福を買いに行こう
posted by たザわよしなお at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

099:イコール(たざわよしなお)

イコール他者との関係性*過剰な自意識/31
イコール
posted by たザわよしなお at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

098:腕(たざわよしなお)

夕時雨二の腕を掴んで歩く言問橋の無言が長き
posted by たザわよしなお at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

097:換(たざわよしなお)

ぉむつ換ぇる時間ですよぉとィラつく声で語りかけられる悦楽
posted by たザわよしなお at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

096:交差(たざわよしなお)

複雑な信号機立つ交差点では踊りだす村の儀式で
posted by たザわよしなお at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

095:黒(たざわよしなお)

青と黒とは同異のkunne 月見上げ友のあたまをクシャリとす
posted by たザわよしなお at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

094:底(たざわよしなお)

目の前に横たわる体弄りつその底辺×高さてふ概念
posted by たザわよしなお at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

093:全部(たざわよしなお)

ぜんぶ全部理解してあげる衝動バービーボーイズが歌ってたからさ
posted by たザわよしなお at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

092:烈

気をつけて!毛布に潜り込んでくる!ヤツは強烈な口臭だから
posted by たザわよしなお at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

091:旅(たざわよしなお)

白クマのマークの旅客機にします。オニオンスープがお薦めなので
posted by たザわよしなお at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

090:恐怖(たざわよしなお)

掌の大きさがひたすらに母喪失の恐怖に啼いてゐる
posted by たザわよしなお at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

089:泡(たざわよしなお)

口端の泡だしたり消したりす五歳児のあそび未だわかるのよ
posted by たザわよしなお at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

088:マニキュア(たざわよしなお)

新宿区内全ホームレスにマニキュアをす制度の施行
posted by たザわよしなお at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

087:麗(たざわよしなお)

麗らかや後輩の辞職願いの出た日にもまだ独白の日記が続く
posted by たザわよしなお at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

086:水たまり(たざわよしなお)

猫は猫のグラン・パドゥシャで飛び越える水たまりとはその為のもの
posted by たザわよしなお at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

085:訛(たざわよしなお)

手話クセのごと個々人に孕まん訛りてふことばの揺らぎとは
posted by たザわよしなお at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

084:千(たざわよしなお)

ほうずき熟す自責など四万六千日あれど足りない其が生きること
posted by たザわよしなお at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

083:孤独(たざわよしなお)

ふたりではないけれどひとりでもなし孤独の定義を二万字で述べよ
posted by たザわよしなお at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

082:弾(たざわよしなお)

昼休みでした。兆弾の如ドッジボール当たりましてさようなら。
posted by たザわよしなお at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

081:シェフ(たざわよしなお)

下町の小さな店を営めばマネージャーとオーナーシェフの冬
posted by たザわよしなお at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

080:夜(たざわよしなお)

自転車を漕いで煮凝りのような粘度の早春の夜がはじまり
posted by たザわよしなお at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

079:第(たざわよしなお)

繰り返すこと第36回運動会に知的障害の人達と僕ら
posted by たザわよしなお at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

078:指紋(たざわよしなお)

半解けの指紋がついたシロクマをゆっくり舐めているお前くま。
posted by たザわよしなお at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

077:対(たざわよしなお)

一対の音楽アルコールとふたりアルコールとひとりアルコールと一人
posted by たザわよしなお at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

076:スーパー(たざわよしなお)

製菓担当スーパーマンは赤いエプロン52才元ラガーマン
posted by たザわよしなお at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

075:微(たざわよしなお)

季節の機微がわからんとか言う気象予報士は首吊りの刑です
posted by たザわよしなお at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

074:あとがき(たざわよしなお)

幾音か足りない言葉に歯噛みをすあとがきに託したく親指舐める
posted by たザわよしなお at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

073:弁(たざわよしなお)

弁護士を彼氏にしたいオレの罪全て庇ってくれるキスが欲し
posted by たザわよしなお at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

072:コップ(たざわよしなお)

オレを踏みつけてくれハイウェイコップのブーツ兄貴よ逆でも可だぜ
posted by たザわよしなお at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

071:褪(たざわよしなお)

壮年の雄らしき褪色の道路交通誘導員の人形
posted by たザわよしなお at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

070:白衣(たざわよしなお)再投稿

白衣女医プレイみたいなプレイみたいな男の喘ぐ声みたい
posted by たザわよしなお at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

069:島(たざわよしなお)

桜葉も赤くなる冬北風のメルチョール島は鳥の楽園
posted by たザわよしなお at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

068:怒(たざわよしなお)

二年前の今頃新潟は嵐でしたね「喜怒哀楽書房」さんLOVE
posted by たザわよしなお at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

067:匿名(たざわよしなお)

路上弾き語りライブ門谷純のファンです匿名ですがなにか?
posted by たザわよしなお at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

066:雛(たざわよしなお)

反抗期の雛鳥の鳴声この熟女ブスと鳥語を訳す
posted by たザわよしなお at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

065:骨(たざわよしなお)

破骨細胞てふマッチョでハンマーを担いだ男を想像す窓
posted by たザわよしなお at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

064:ふたご(たざわよしなお)

ともだちにふたごがいたのは幼少のころだけだろかれら消えゆく
posted by たザわよしなお at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

063:仏(たざわよしなお)

仏てふ漢字に裸体立像思ふ常ほとけには体毛のあらずや
posted by たザわよしなお at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

062:ネクタイ

やじるし↑のネクタイピンを刺すひと目の前にいて咽喉仏凝視す
posted by たザわよしなお at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

061:奴

微細無数に奴凧のかたちして空昇るものあり酔ひた目に
posted by たザわよしなお at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

060:漫画(たざわよしなお)

所沢駅徒歩五分のラーメン屋に手塚漫画の充実っぷり
posted by たザわよしなお at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

059:病(たざわよしなお)

開放病棟外出日の金曜 中華料理屋「虎楽」の満席
posted by たザわよしなお at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 短歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする