2009年01月17日

冬〜新春詠

20090101832.jpg

澱む処々が在りつ川痩せる

手袋をはいたりぬいだりする気持

古着屋のラガーシャツ彼のひとおもふ

店員のニキビの跡や聖誕祭

寒燈の外に未だタクシーの列

甘露煮の鰊 母とは違うあまさ

白息やリップクリームの味は濃し

練り物を只管煮ても人恋し

初夢に大事なひとが居なくなる

今朝の春ラジオでauroraの話

去年今年ヨンバンセンに来る電車
posted by たザわよしなお at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。