2009年08月06日

夏から秋への句



急げいそげもはや蝉すら燃え尽きる


逢引の後 くちなしの花終る


新秋やJazzてふ人間の音楽


白杖がふたり降り来て ゆりの花


藍藻畝るみずうみ息づまるほど静か



  第39回竹輪句会に投句(兼題「匂いのする句」を含む)
  http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=45179669&comment_count=0&comm_id=1162118

ひさしぶりの新宿の街は、五感に降る情報量がもの凄かったでした。
posted by たザわよしなお at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。