2010年01月23日

cironnup/去年今年




アイヌ語で狐は「殺されるもの」の意

短日や高架にディーゼル貨物ゆく

翻りすぎる松たか子のコート

凍月の摘出されし筋腫かな

バービーは子宮無きままコートまとふ

劣情は失せてポインセチアの咲く

御降や積もる捨てる場所も無く

真夜中の色のダウンジャケツの流行り

喘息の子よ見開きたる眼すさまじ

松過ぎゆ自転車の猫背の列と
posted by たザわよしなお at 04:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。