2006年06月10日

句会をやってきましたよ。

20060608(004).jpg



緩みきった寝息の傍に秋を待つ


アルタイルから見て僕はまだ暗い?


竹べらを添わせた指で桃を割る


終電ノ窓ニでねぶハ帰路ワカラズ


昨年の恋は浴衣の肩幅に


吾の腰の高さで髪を洗う音


閉園の薔薇園に迷い込み


大の字のビール腹足で弄び


言葉尻捉えて殴れ青嵐


温室を出てサボテンは嗄れ下がり


濡れそびた傘はアナタの側にいて
posted by たザわよしなお at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19064705

この記事へのトラックバック